脇脱毛は自己処理で黒ずみが発生してしまう

肌に影響を与えるダメージが高まることでメラニン色素の沈着が起こります。メラニン色素の沈着は肌を守ろうとした防衛反応として生成され、デリケートな部分を守るために生成され、メラニン色素が過剰に生成されてしまうと色素沈着を起こしてしまって皮膚が黒ずむ原因となります。脇はもともとメラニン色素の生成が多い部分で黒ずみが目立ちやすい部分で、メラニン色素だけでなく、皮脂や古い角質などの汚れが詰まっていることも原因となり、毛穴に詰まった皮脂や角質などが酸化して黒くなります。

脇は大変デリケートな部分で洋服や皮膚の摩擦によって刺激となってしまうので黒ずんでしまうことはある程度仕方のないことですが、一度黒くなってしまうとなかなかキレイに消すことは難しいです。予防するためには脇脱毛を自己処理した後にはそのままにせずにクリームや化粧水などでケアするようにします。

肌への刺激を少なくすることが大切で黒ずみができてしまった場合にはなるべくすぐにケアします。専用のクリームや美白化粧水などを使うことも効果的で、皮膚科に相談する事もおすすめです。脇の黒ずみの原因は自己処理で肌にダメージを与えているからです。

自己処理にはカミソリや毛抜きが一般的で、黒ずみの原因はカミソリの場合には摩擦による肌の炎症で、毛抜きの場合には埋没法によるぶつぶつ・毛穴の汚れが原因です。特に毛穴での脇脱毛は肌を無理に引っ張り、生きている毛を無理矢理引き抜くため肌にとっては大きな負担が掛かります。

肌に大きな負担が掛かると肌を守るためにメラニン色素が過剰に生成されるため、脇の黒ずみを作らないためにも肌への刺激・負担を軽くすることが大切です。脇脱毛処理は自己処理よりも医療機関や脱毛専用サロンで施術を受けた方が肌への負担が軽くなります。